ファッション業界やエンターテイメント業界、個人経営の定食屋などは厳しくなると予測されます。

30年後に無くなる仕事は何でしょうか!?

 

30年後に無くなってしまっているのではないかという仕事について紹介します。

 

30年後に無くなっているであろう仕事を予測するにあたって、現在無くなりつつある業界の仕事をみてみると先のことがわかってくるかと思われます。

 

日本国内において30年後に無くなるであろう仕事を幾つか掲載します。

 

30年後にも残ると予想される仕事は?

 

 

 

現在でも無くなりつつある仕事は、職人さんが作る伝統工芸なども後継ぎがなく仕事として無くなりつつあります

 

江戸時代から続くような木工技術だったり、風鈴など風情を感じるガラス職人であったりなども後継ぎが少なくなってきているようです。

 

こけしを製造する職人さんなどもわずかな人数が後継ぎで行っているようです。

 

外国人が喜んで購入するようなお土産品も需要というよりは製造する職人さんなどの後継ぎがいないため、無くなってしまっている仕事もあります。

 

鰻屋さんなどで、うなぎを焼く職人さんなども減ってきているそうです。

 

 

 

各業界ごとにみていくと、旅館業務などの観光業界は厳しくなっているかもしれません。誰でも安く簡単に海外旅行に行ける時代になったことで、国内旅行の人気が低迷しているのも事実です。

 

一昔前は、時間があるのにお金が無い学生などは一生懸命アルバイトをしないと海外へ行けませんでしたが、LCC(ローコストキャリア)が出てきてからは安い時には数千円で海外に行ける時代になりました。

 

熱海の旅館などは現在の時点でも、旅館を購入し経営しようとしている人の殆どが中国人になっているそうです。

 

熱海周辺の旅館宿では、借金を抱えないで経営している旅館は殆どいないのが現状だそうです。

 

 

 

将来の厳しいファッション業界

ファッション業界も厳しくなっているかもしれません。

 

衣類自体は生活にどうしても必要なものですが、ファストファッションなどが流行しだしてからはお金を使って良い物(高価な服)を購入するという層が減ってきているのも事実だそうです。

 

 

 

エンターテイメント業界なども飽きられると淘汰されてしまうので、仕事として残るのが難しくなっているかもしれません。

 

 

 

街の個人経営の定食屋なども少なくなりつつあります。

 

チェーン店などがどの街にもあり手造り感は失われつつあるものの安定した質と低価格で流行ると、個人経営のお店は客足が減ってしまうことが原因と考えられます。

 

そのお店自体を愛する常連さんはいても新規顧客やファミリー層、若い客を確保出来ないことで潰れてしまうお店もあります。

 

いかがでしたでしょうか。

 

30年後に無くなっている仕事はたくさんあると思います。
無くなってしまう理由や原因にも様々な要素が考えられます。

 

30年後には高齢化社会も進み、労働力不足にもなると言われています。
そういった様々な問題を今から解決していく必要があるのではないでしょうか。