飲食業界や不動産業界、テクノロジー業界、交通関連業界、自動車業界などが残る仕事と予測します。

30年後に残る仕事は!?

 

30年後に残る仕事は何でしょうか!?

 

30年後でも間違いなく残っている仕事は、やはり人間が生きていくうえで最低限必要な業界ではないでしょうか。

 

 

 

30年後も残っていると予想されるスーパー

人間が生きていくうえで最低限欠かせないのが、飲食です。

 

時代がどれ程進化しても飲食業界(スーパーやコンビニなど流通含む)が仕事として無くなるのは最期の段階ではないでしょうか

 

人口の増加に伴い食料生産力も必要とされるため、農業なども食料危機を救う仕事だと言われています。

 

 

 

次に、3大欲求の1つである性風俗業界も無くならないのではないかと思います

 

風俗業界の存在は、社会の犯罪抑止力にもなるので社会の健全化(犯罪を減らすには)に必要な業界だとも言えます。

 

 

 

衣・食・住のうちの住である不動産関連も30年後に確実に残る仕事と言えます。

 

 

 

また、ブランドなどのファッション業界はわかりませんが、ファストファッションなどの安くお洒落な衣類のお店などは残る仕事と予測出来ます。

 

テクノロジー業界も残っている仕事ではないでしょうか。

 

テクノロジーは発展することでエコロジーに対応した製品を作り出すことが出来るので、地球環境にも良い製品が出来る可能性があります。

 

例えば、電気自動車などが普及することで排気ガスを減らしたり、エアコンなども自然の空調システムに近づけることで環境に良い商品が出てくる可能性があります。

 

30年後には自然資源の枯渇などの懸念がされていて、それと共に地球温暖化の心配も増大しているのでエコロジー商品は益々売れるのではないでしょうか。

 

 

 

電車など交通関連の業界も、新幹線になったりリニアモーターカーになったりなど変化はあると思われますが、形を変えながら残っているのは間違いないと思われます。

 

 

 

自動車業界も厳しくはなっているかもしれませんが、30年後に残っている仕事と言えるのではないでしょうか。

 

自動車業界と言っても自動車だけを作るわけではなく、技術などテクノロジーの発展の研究や製造も行っているので電気自動車を普及させたり、環境に良い乗り物を作り出すことで仕事として残っていると思われます。

 

いかがでしょうか。
30年後に残るだろうと思われる仕事を中心に記載しました。

 

これから、ご自分で事業を始めようという方も就活をしている学生さんも30年後など遠い未来の業界予測をしてみても良いかもしれません。