30年後の地球環境を考えた時に重要なのが、地球温暖化と環境汚染の問題です。

30年後の地球環境はどうなる!?

 

地球環境のイメージ画像

 

30年後の地球環境はどうなっているのでしょうか!? 

 

現在のまま進行すると30年後には自然資源が枯渇すると言われています。
今の生活を保つには地球2個分の自然資源が必要だと言われています。
自然資源が減ると地球温暖化も避けられません。

 

 

 

30年後の地球環境で危惧されていることの大きな問題として、地球温暖化環境汚染があります。

 

温暖化により日本の気温が2℃上がるとも言われています。
また、北極海の氷も全て無くなると言われています。

 

地球温暖化の原因として二酸化炭素が挙げられていますが、メタンガス(天然ガス)の影響も考える必要があります。地球を温暖化させるガスは二酸化炭素だけでなく、様々なガスが温暖化を促進させています。

 

 

 

また、森林伐採なども環境に影響を及ぼしています
ゴルフコースの新設などで森林が大量に伐採されることで自然環境の破壊が進みます。

 

環境汚染の問題も深刻化します。中国の北京では特に環境汚染が深刻化しており、国内のみならず周辺諸国の大気汚染にも影響を及ぼしています。

 

2009年には、日本の九州地方で光化学オキシダント注意報が発令されました。
中国からの越境汚染が原因だと判明しているそうです。

 

人口増加も地球環境にとっては良くない方向に進んでいると言えるかもしれません。

 

いかがでしたでしょうか。

 

30年後に限らず、現在進行している問題点として地球温暖化が叫ばれてはいますが、それに伴う対策がおいついていないのが現状のように思います。

 

企業なども環境に良い製品を作る努力をしているようですが地球規模で考えるととても追いついていないのが現状だそうです。

 

30年後の地球環境を考えた時に温暖化と環境汚染は非常に重要な問題なので、大きな対策だけでなく、私達一人一人が出来る範囲でのエコロジーの精神を生活に結びつけるのも重要なことかもしれません。