車業界は30年後も海外への販路拡大で市場を拡大できるでしょう。

自動車業界の30年後

 

日本の主力産業でもあり自動車業界の30年後を大胆に予想します。

 

 

大手自動車メーカーは軒並み成長

 

日本車は今現在も世界一とも言える低燃費性能と万能性を持っています。
こういった技術力は今後も他国より一歩先をいった進化ができる技術力を日本は持っていて、今以上に海外向けの販売比率が増え各製造メーカーは30年後も好調を維持できるでしょう。

 

 

車の代替えサイクルは平均10年超え

 

これは30年もかからずに実現してしまう事かもしれないですが、車の平均代替えサイクルは年々長くなっています。

 

20年ほど前は乗用車の新車の各家庭の代替えサイクルは平均して5~6年と言われていましたが、現在では7~8年に伸びていると言われています。

 

これは車の性能と耐久性の向上が一番の要因となっていて、着実に車の代替えサイクルは伸びていく事が考えられます。

 

近年では若者の車離れなど、車に対しての消費意欲や、好きな形の車や速いスポーツカーなどよりも、経済性・耐久性など実用的な内容で車選びをする人が増えている傾向もあり、近い将来車の代替えサイクルの平均は10年を超え、30年後には更に長くなっている可能性もあります。

 

車

 

こういった車の代替えサイクルの長期化と日本国内の人口減少・車保有率の低下などで国内の車市場は低迷していくと考えられます。

 

自動車メーカーは海外で販路を拡大しないと息詰まる可能性が大きく、今現在国内では人気はそこまで高くないが、世界的に車の評価が高いマツダやスバルあたりが躍進している可能性があります。

 

 

30年後の主力燃料は?

 

夢のない話かもしれないですが、30年という日進月歩があったとしても30年後の主力燃料はガソリンでしょう。

 

世界に眠る油田の量は膨大です。
現在も未開発な地域の油田も多く、領土争いなどで30年後も開発できない油田もおおと思いますが30年後も充分な料のガソリンが世界中に流通しているでしょう。

 

代替え燃料で、水素や電気などもあり、現在でも電気自動車などは一部実用化されていますが、連続走行距離や使い勝手の問題。そして普及しないと車両価格が効果な状態のままと考えると電気や水素を始めとした今現在ガソリンの代替燃料として期待されている物が30年という月日で世代交代するとは考えづらい状態です。

 

しかし、近年大人気のハイブリットカーはより進化を遂げています。

 

現在の主流は電気とガソリンのハイブリッドカーですが、30年後にはソーラーパネルの低価格化などで屋根からソーラー発電する車が主力となり、水素やバイオ燃料・電気などさまざまなモノをガソリンも含めて数種類組み合わせたハイブリッドカーが登場しているでしょう。

 

 

自動操縦は可能か

 

今現在も話題を集める事が多い、車の自動操縦機能。
じつは既にある程度の所まで技術開発も進んでいますが、事故があった時の責任などの問題で実用化はされていません。

 

この問題は30年後も継続されると見て、教習所に通わなくても自動操縦で車に乗ってどこでも行けるという事は難しいでしょう。

 

しかし一部の高速バスなど特定の分野においては運営団体や保険会社が事故時の責任を取る前提で実用化され広く浸透していく可能性が充分にあるといえます。